boot failure at ZFS: unsupported feature: com.delphix:hole_birth

zpool statusとか見ていたらupgradeできるというメッセージが出ていたのでなんとなくzpool upgrade -aをして再起動したらzfs rootがブート出来なくなった。

ここによるとbootcodeもアップデートすればよいらしいので、
最新のsnapshot(自分は10-STABLE)を落としてそれからブート

gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptzfsboot -i 1 ada0

対象のブートディスクに対してbootcodeを更新すればOK
無事ブートできるようになりました。

めでたしめでたし

zfs rootな環境の場合はzpool upgrade -aをしたら保険の意味でもbootcodeの更新したほうがいいかな。

boot failure at ZFS: unsupported feature: com.delphix:hole_birth」への1件のフィードバック

  1. 山田 健

    失礼しました。
    先のコメント削除してください。
    ada0でなく、ada1で書き込みで立ち上げることができました。
    ada0/ada1/ada2の3台でraid構成しているzfsなのですが、bootファイルが存在する場所はどのように指定されるのでしょうか?
    取り敢えず立ち上がったので、問題ないのですが、、。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.