winrar

rarコマンド使用例メモ

winrarrarはWindowsであればwinrarで主にGUIで操作できるので、
あまり不自由しないが、その他のOSだとオフィシャルでは
CUIで操作するのでそのためのメモ

#書庫を作成
rar a test.rar 1.txt 2.txt 3.txt

#圧縮レベル最高で書庫を作成
rar a -m5 test.rar 1.txt 2.txt 3.txt

#圧縮レベル最高でパスワード付き書庫を作成
# 作成時にパスワードを入力
rar a -m5 -p test.rar 1.txt 2.txt 3.txt
# コマンドからそのままパスワードも指定
rar a -m5 -pパスワード test.rar 1.txt 2.txt 3.txt

#圧縮レベル最高で中身を暗号化したパスワード付き書庫を作成
rar a -m5 -hp test.rar 1.txt 2.txt 3.txt
rar a -m5 -hpパスワード test.rar 1.txt 2.txt 3.txt

#圧縮レベル最高で中身を暗号化したパスワード付け、1%のリカバリーレコードを付けた書庫を作成
rar a -m5 -rr1 -hp test.rar 1.txt 2.txt 3.txt
rar a -m5 -rr1 -hpパスワード test.rar 1.txt 2.txt 3.txt

#既存の書庫に1%のリカバリーレコードを付ける
rar rr1 test.rar

#既存の書庫にコメントを付ける
rar c test.rar
echo “コメント” | rar c test.rar

#書庫の中身を表示
rar l test.rar
rar lt test.rar
rar lb test.rar

#書庫をここに展開
rar e test.rar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.