FreeBSD 9でBSD-licensed grepとBSD-licensed libiconvをインストールする

FreeBSD9から脱GNUの一環としてBSD-licensed grepBSD-licensed libiconvがbaseに入りました。

/etc/src.confに以下を記入してコンパイルしてください。

WITH_BSD_GREP=yes
WITH_ICONV=yes

BSD-licensed grepはデフォルトではbsdgrepとして入りますが、オプションを指定するとgrepがBSD-licensed grepになります。

中身確認
(GNU grepがportsに入っているとPATHの設定次第ではgrepで呼び出されないこともあります。)

#/usr/bin/grep -V grep (BSD grep) 2.5.1-FreeBSD

iconvはGNUと違ってバージョン確認がない?が、使い方はほぼ一緒です。

#/usr/bin/iconv --version
iconv: unrecognized option `--version'
Usage:	iconv [-cs] -f  -t  [file ...]
	iconv -f  [-cs] [-t ] [file ...]
	iconv -t  [-cs] [-f ] [file ...]
	iconv -l

どちらもまだ開発途中なので本格利用はまだ先になりそうです。(特にlibiconv)

*BSD I18N Framework Implementation Project
(Citrus Project)

かなり前の記事ですが概要が載っています
2010年6月16日 BSDライセンス版iconv,テスト求む

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.