FreeBSDでbin+cueからalac(AppleLossless)変換スクリプトを書いてみた

最近mp3からalacに移行しているのでとりあえず都合のいいように書いてみた

FreeBSDでbin+cue作成したらノイズだけのaudio cdになってしまったので現状CDイメージ作成はWindowsで作成中・・・。

とりあえずやってみたこと

#ドライブはUSB DVDドライブ
#/dev/cd0では認識しなかったので確認
cdrecord -scanbus
#変換
cdrdao read-cd --device 10,0,0 --rspeed 48 \
--read-raw --datafile test.bin test.toc
#tocをcueに変換
toc2cue test.toc test.cue

 

binとcueは同名で同じ場所にあることが必須です。
そこに同名のディレクトリに変換したものが置かれます。

#!/bin/sh
#
# *requirement*
# multimedia/ffmpeg with alac
# sysutil/bchunk

if [ "$1" == "" ];
then
    echo "bincue2alac [target cue or bin]"
    exit;
fi

NAME=`basename "$1"|awk -F '.' '{print $1}' `;
TARGETDIR=`dirname "$1"`"/${NAME}";

if [ ! -f "`dirname "$1"`/${NAME}".cue ]
then
    echo "cueファイルが見つかりません。"
    exit
fi

if [ ! -f "`dirname "$1"`/${NAME}".bin ]
then
    echo "binファイルが見つかりません。"
    exit
fi

if [ ! -d "${TARGETDIR}" ];
then
    mkdir "${TARGETDIR}"
fi

cd "${TARGETDIR}"

bchunk -w ../${NAME}.bin ../${NAME}.cue track

for i in track*.wav;
do 
    ffmpeg -y -i $i -acodec alac `echo $i|awk -F '.' '{print $1}'`.m4a;
    rm -f $i;
done

 

ファイル名やタグ付けとジャケ画像の添付も後に自動化したいところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.